PCキャンペーン
日焼けをしたくない!正しい紫外線対策と日焼けしたときの対処法を解説 | 美容鍼は千葉の鎌取・おゆみ野にある鍼灸サロン Komachi

ブログ

日焼けをしたくない!正しい紫外線対策と日焼けしたときの対処法を解説

こんにちは❀
千葉市緑区の鎌取・おゆみ野にある美容鍼サロン
鍼灸サロン Komachiの森屋です(^o^)

ジリジリと照らす太陽の日差し。

紫外線を受ける中、多くの方は「日焼けをしたくない」と思われているのではないでしょうか。

また、紫外線対策を行って出かけたにしろ、何かしら日焼けしてしまうケースもあります。

そうなると紫外線対策とは別に、日焼けした場合の対処を知る必要があります。

そこで今回は、それぞれの悩みを抱えている方のために、紫外線対策と日焼けしたときの対処法を別途にまとめました。

この記事を通じて正しい対処法を知り、日焼けに備えていきましょう。

紫外線とは

まず、紫外線について解説していきます。

「いやいや、紫外線は太陽の光でしょう。そのくらい分かっているよ」、と思う人もいるでしょう。

しかし、紫外線とはいっても単に太陽の光、というわけではなく複数の種類があることをご存知でしたでしょうか。

紫外線は3種類、「UV-A(A紫外線)」、「UV-B(B紫外線)」、「UV-C(C紫外線)」に分けられます。

種類ごとに体への影響は異なり、後ほどお話する紫外線対策にも関係してきますので、ぜひ覚えておきましょう。

UV-A

UV-Aは、雲や窓ガラスを透過し、肌の奥深く真皮にまで届いてしまいます。

その結果、DNAを傷付けたりコラーゲンやエラスチンを破壊したりで、「シミ・しわ・たるみ」の原因となってしまいます。

ですから、肌の老化を促進させてしまう紫外線とも言えます。

UV-B

UV-Bは、屋外で浴びることで肌にダメージを与える紫外線です。

多く浴びてしまうと肌表面が赤くなって炎症やヒリヒリを引き起こします。

さらに、これが悪化すると過剰なメラニンの生成がされ色素沈着となってしまい、シミやソバカスの原因となります。

UV-C

UV-Cは、UV-Bより有害な紫外線です。

通常はオゾン層によって吸収されますので、地上に届くことはありません。

ただ、近年ではオゾン層の破壊が問題となっており、いずれUV-Cが地上に届いてしまうのではないかと懸念されています。

とりあえず、現時点ではまだ人類に直接被害が出ているわけではありませんので、今回はUV-AとUV-Bの2つを覚えて頂ければ大丈夫です。

正しい紫外線(日焼け)対策をマスターしよう

紫外線対策と言う以上、「日焼け止めを塗ればいい」あるいは「日傘を差せばいい」などと思われがちですが、実はそうでもありません。

先ほどお話した紫外線の種類はもちろん、塗るタイミングや天候・気候なども大きく関係してきます。

これらをきちんと理解しておかないと、紫外線対策をしても日焼けする可能性が高くなってしまいます。

そういうわけで、正しい紫外線対策をまとめましたので見ていきましょう。

反射紫外線にも対策を

紫外線は、ただ上から降り注ぐのではなく地面に反射してあなたの体に当たることもあります。

反射してしまっては、日傘でも防ぐことができません。

中でも水面や雪面は反射率が高い傾向にあり、注意が必要です。

特に夏といえば海に行かれる方も多いと思いますので、なおさらです。

水面がある場所に向かわれる際は、全身に日焼け止めを塗っておきましょう。

天候に関係なく対策はしっかりと

紫外線は太陽の光なわけですから、晴れの日にしか出ない、というイメージを持たれている方も多いでしょう。

しかし、UV-AやUV-Bとか関係なく紫外線は曇りの日や雨の日でも降り注いでいます。

もちろん、晴れの日に比べて量は少ないですが、それでも紫外線が当たることは変わりません。

ですから、天候に関係なく日焼け止めは行うようにしましょう。

季節に関係なく対策はしっかりと

紫外線が強い時期は、4月~9月頃だと言われていますが、基本的に1年中降り注いでいます。

つまり、季節とか関係なく紫外線のダメージを受ける恐れがあるということです。

参考として資生堂が行った調査結果を見てみましょう。

出典元:https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB008858/

UV-Bは冬になると一気に紫外線の量が減少しますが、UV-Aは冬であっても夏の半分程度しか減りません。

いずれにせよ、油断はできませんので、日焼け止めは季節関係なくきちんと行いましょう。

自分の状況によって使用する日焼け止めを判断

日焼け止めには、「SPF50」とか「PA+」とか色々種類がありますが、闇雲に選べば良いというわけではありません。

例えば、秋から冬といった紫外線の弱い季節や外出時間が短いようでしたら、SPFは数値の低いもの、PAは+の値が少ないもので十分事足ります。

そのため、使用する状況に合わせて日焼け止めを使い分けていきましょう。

・SPFとは?

ちなみに、SPFとはUV-Bの防止効果を表す目安の数値です。

この数値が高いほど日焼けが起きるまでの時間を延ばすことができます。

例えば、日焼け止め無しだと20分で日焼けしてしまう人が、SPF50を使ったとしましょう。

すると、日焼けまでの時間が20分から50倍の1000分まで延びるといった感じです。

・PAとは?

PAとは、SPFのUV-Bとは反対にUV-Aの防止効果を表す数値です。

SPFとは違い数値で表すのではなく、++++、+++、++、+の4段階で効果の大きさを表します。

+の数が多いほど効果が強い事を意味します。

屋内でも日焼け対策を行おう

先ほども説明した通りUV-Aに至っては、窓をも透過してしまいます。

窓を透過するということは、屋内にいても紫外線の影響を受けるというわけです。

「今日は外出しないからいいや」といって、対策を怠らないようにしましょう。

日焼け止めは時間に余裕を持って塗っておく

紫外線対策に必須とも言える日焼け止めですが、使ってすぐに効果が出るわけではありません。

個人差によりますが、日焼け止めの効果が出るのは大体10~30分程と言われています。

そのため、出かける直前ではなく、外出の30分前に行っておくようにしましょう。

スキンケアをしっかりと行う

紫外線から肌を守るのも大事ですが、毎日のスキンケアも同じくらい大事になってきます。

スキンケアを行うことで肌のバリア機能は高まり、紫外線からのダメージや日焼けによる肌の悩みを軽減できます。

また、紫外線や日焼けに関係なく、スキンケアはさまざまな肌のトラブルの防止にも効果がありますので、やっておいて損はありません。

綺麗な肌を保つためにも、毎日心がけていきましょう。

既に日焼けをしてしまった場合の対処方法は?

「既に日焼けで悩んでいる」、「対策は行ったけど、日焼けによる肌のトラブルで悩んでいる」

このように、紫外線対策より日焼けしてしまった場合の対処法を知りたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。

既に日焼けで悩まれている場合、紫外線対策とはやり方も異なってきます。

そういうわけで、今度は既に日焼けをしてしまった場合における対処法を説明したいと思います。

日焼けを沈静化して肌を保湿

日焼けをしているときの肌は、軽いやけど状態でもあります。

肌は非常にデリケートな状態になっていますので、専用ローションや冷たい水で絞ったおしぼりなどを使い、熱を徹底的に沈静化しましょう。

また、この時肌がヒリヒリするほど悪化している場合は、化粧水などのスキンケアは一旦止めましょう。

肌に刺激を与えてさらに悪化する恐れがあります。

炎症が落ち着いた後は、保湿効果のある化粧水などで肌をたっぷりと潤して肌を整えてあげてください。

また、刺激を与えないためにも、ケアを行う際は優しくそっと触れるようにしましょう。

ビタミンが豊富な食材を摂取する

ビタミンには体の健康を維持する効果があり、紫外線のダメージ回復にも大きく貢献してくれます。

例えば、ビタミンAにはターンオーバーの促進とメラニンの排出を助ける効果があります。

これによって、シミやソバカスの発生を抑えることが可能です。

ビタミンAが多く含まれている食べ物は、うなぎ、レバー、にんじん、ほうれん草などが挙げられます。

他にもビタミンCであれば、老化の原因でもある活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が含まれています。

また、ハリを維持する効果を持つコラーゲンやエラスチンを生成する効果もあります。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、ピーマンやレモン、ゴーヤ、柿などが挙げられます。

紫外線対策もしっかりと行っていく

これ以上のダメージを抑えるという意味も含め、既に日焼けに悩まれている場合でも、紫外線対策は行っていく必要があります。

特に、今まで紫外線対策を疎かにされていた方は、これを機にきちんと行っていきましょう。

美容鍼の施術を受けてみる

「自分のケアだと自信がない」、「逆に肌を悪化させてしまうのではないか」など、ご心配な方は、当美容鍼サロンの施術を受けてみるのも1つの方法です。

当美容鍼サロンが提供するハリウッドスタイル美容鍼®は、体の内部側による不調が原因で起きるとされる肌のトラブルに大きな効果を発揮してくれます。

シミにならないように皮膚の入れ替わりであるターンオーバーを促進したり、紫外線により肌の潤いやハリを保つ成分であるコラーゲンやエラスチンの生成を促したりと、美容鍼はとても有効です。

千葉に在住の方はもちろん、気になる方は一度当ホームページをご覧になってみてください。

紫外線対策で綺麗な肌をキープしていこう

いかがでしたでしょうか。

紫外線対策とはいっても、これが100%の対策になるのかと聞かれれば、絶対とは言い切れません。

状況や場所など、場合によっては日焼けしてしまうこともあるでしょう。

しかし、対策を行うか行わないかで大きく差は出てきますし、万が一日焼けしても最低限のダメージで抑えることができます。

そういった面も踏まえると、やはり紫外線対策は非常に重要になってきますので、ぜひしっかり実践いただけたらと思います。

紫外線対策で綺麗な肌をキープしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

鍼灸サロン Komachi
代表 森屋諒

関連記事

  1. 美容鍼は千葉の鎌取・おゆみ野にある鍼灸サロン Komachi悩み
  2. 美容鍼は千葉の鎌取・おゆみ野にある鍼灸サロン Komachi たるみ

カレンダー

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP
PCキャンペーン