リフレクソロジー

リフレクソロジー

ふくらはぎや足裏にある反射区をくまなく刺激して、全身の臓器や器官に間接的に働きかけることで、不調の改善や美容効果が期待できます。

なかなか疲れがとれない、よく眠れない、足のむくみが気になる、そんな方におすすめです。

リフレクソロジーとは

リフレクソロジーとは「リフレックス(反射)」と「ロジー(学問)」をつなげた「反射学」のことです。リフレクソロジーでは、足裏には人の全身が縮図のように投影されているという考え方があり、その足裏にある全身の縮図を「反射区」とよんでいます。

その反射区を手や指でくまなく刺激することで、全身の機能を活発にし、自然治癒力を最大限に引き出し、健康の維持・回復・増進を図るものです。

リフレクソロジーには、痛みを強く感じる東洋式と、気持ちよくて眠ってしまいそうな西洋式があります。足裏を気持ちよく刺激することでリラクゼーション効果をもたらします。

リフレクソロジーにおいて大切なことは、リラクゼーションを促すことです。痛すぎる施術は返ってストレスになることから、「イタ気持ちいいくらい」の加減が日本人にちょうどよいとされています。

リフレクソロジーの効果

リフレクソロジーは人の体と心に優しい技術です。
リフレクソロジーを受けることで様々な魅力と効果が現れます。

①血行促進で体が温まるため、冷え性改善や体のコリにも効果的です。

②老廃物や余分な水分の排出を促すため、むくみの改善にもなります。

③新陳代謝が活発になり、自然治癒力や免疫力が高まり内臓機能を活性化させるため、病気になりにくい身体づくりにも役立ちます。

④心地よい刺激から、ストレス解消や熟睡効果など、内面的な部分へのアプローチも期待できます。

足のみの施術でも、上記のような効果が得られるので医療現場でもリフレクソロジーは活用されています。

足ツボとの違い

足を刺激することによって、健康維持・増進をはかるという点では同じです。
しかし、その施術方法や考え方は大きく異なります。

足ツボは、経絡(ツボの道筋)にあるツボを指の関節や器具を使い点でとらえ深く強めに刺激します。強ければ強いほど効果が高いと考えられ、泣くほど痛いという方も中にはいます。

リフレクソロジーは、足にある反射区を押して刺激します。足ツボとは異なるのが、痛みは返ってストレスになるという考えです。イタ気持ちいいくらいの刺激であるため、気持ちよくて眠ってしまうほどです。

どちらも理論が確率されている施術方法にはなりますが、足の疲れやむくみが気になるだけではなく、リラックス効果をお求めでしたらリフレクソロジーがおすすめです。

PAGE TOP