ほうれい線

ほうれい線は老けを感じさせたりと、
お顔の悩みで特に多いといっても過言でない悩みです。

ほうれい線の最大の原因は、
これまた多いある悩みの“たるみ”です。
また、肌の乾燥によるシワも大きな原因となります。
その原因を解説していきます。

ほうれい線のイメージ

ほうれい線の原因は?

肌の弾力低下

肌のハリや潤いを保つ成分として、
コラーゲンやエラスチンなどがあります。
この成分は食事や睡眠などの生活習慣や加齢、
紫外線や乾燥などにより減少や劣化が起こります。

成分の減少や劣化が起こることで、
表情をつくることでできる表情ジワが、
形状記憶されてしまいます。

表情ジワが長く続いてしまうと、
真皮層において真皮ジワができてしまい、
それが“ほうれい線”となります。

筋肉の衰え

顔には表情をつくる表情筋と
骨に付いている深層筋があります。
表情筋は皮膚と脂肪を支え、
深層筋は表情筋を支えています。

筋肉が衰えてしまうと
重力により皮膚と脂肪がを支えられず
たるみから“ほうれい線”ができてしまいます。

皮下脂肪とダイエット

皮下脂肪が多く筋肉が支えられない場合や、
ダイエットの繰り返しなどにより、
脂肪と皮膚の“たるみ”につながります。
その結果として“ほうれい線”ができます。

皮膚の構造
紫外線によるシミ
たるみのメカニズム

ほうれい線は美容鍼灸を受けてどう変わるの?

美容鍼灸を受けることで、
コラーゲンやエラスチンが自己生成されます。
たるみとシワが解消されることにつながり、
それが“ほうれい線”の解消にもつながります。
美容鍼の置鍼