顔のたるみはなぜ起こる?

こんにちは❀
千葉市緑区おゆみ野にある美容鍼専門店
鍼灸サロン Komachiの森屋です(^^)

顔のたるみはなぜ起こるのか。
それを解説していきたいと思います(^o^)

成分に問題発生!?

皮膚は層になっています。
その層の一つに真皮という層があります。

この真皮層には
あなたも聞き覚えがあると思う
コラーゲンやエラスチンといった成分があります。
これらの成分がお肌の潤いやハリを保っています。

加齢や紫外線
食事や睡眠などの生活習慣などにより
成分の減少や劣化が起こってしまうのです。

するとお顔の表情をつくる
表情筋が硬くなってきてしまいます。

この表情筋というのは
皮膚や脂肪を持ち上げてくれるのです。

つまり硬くなるということは
機能低下をしてしまうということであり
それが“たるみ”ということなのです。

まとめ

加齢はしょうがないことです。
しかし対処をするかしないかで
たるみ具合は変わってきます。

乾燥も大敵ですので
しっかり保湿をしたり
紫外線対策もしっかりしましょう。

食事や睡眠などの生活習慣も
まずは明らかに良くないなと思うことは
しないという意識だけでも変化があるかもしれません。

美容鍼をすることによって
コラーゲンやエラスチンの自己産生を促せます。

しっかり日々のケアをしつつ
より“たるみ”を解消したければ美容鍼がおすすめです。

鍼灸サロン Komachi
院長 森屋諒